引越しが決まったら?

引越しが決まったら、おそらく引越しの日程や引越し業者を決める事を真っ先に考えることが多いかもしれませんね。引越し業者はネットなどで簡単に見積もりを出してくれますが、その後で実際に自宅を訪れて正確な見積もりを出してもらうことが大切です。その際に、引越しの見積もりはどのぐらいの家具や家電製品、家財道具などがあるかによって決定されるため、引越し業者の見積もり前に不要品はなるべく処分してしまうことをおススメします。

人は生活していく中で、どんどん物がたまっていってしまうものです。それぞれのアイテムに思い出が詰まっていますから、捨てるのも大変なのですが、やはり物が増えては引越しも大変です。また、置き場に困って生活空間が狭くなってしまいますよね。引越しは不要品を処分する絶好の機会ですから、小さくなってしまった衣類や使わないアイテムなど、梱包作業に入る前にすっきりと処分してみてはいかがでしょうか?

何を不要品と判断するかどうかは人それぞれですが、例えば引き出しの中に1年間入りっぱなしで使う事もなければ触る事もなかった、と言うアイテムはおそらく不要品として処分しても困る事はないでしょう。また、家電製品を購入した時の空き箱なども、結構かさばりますから、保管せずに思い切って捨ててしまっても問題ないはずです。空き箱を保管しておかなければいけないのは「1年に1回以上の引越しが必ずあると分かっている人」のみです。それ以外は空き箱は保管するだけ場所の無駄なのです。

石川の特徴紹介

日本海に突き出た能登半島が特徴のある石川県は、九谷焼や輪島塗、加賀友禅、金沢仏壇など伝統工芸を親しむ方にとっては聖地ともいえる伝統工芸大国。その伝統的な工芸や文化のためでしょうか、日本の美しい歴史と文化を肌で感じることができる地域として外国人の観光客が絶えない場所でもあります。

石川県は他の都道府県と比較しても四季がとてもハッキリしています。夏は高温多雨で冬は降雪量がとても多く、夏と冬の間にある春と秋には、この世のものとは思えないほど美しいサクラや紅葉を見ることができます。

石川県に観光に行くなら、絶対に外せないマストスポットはなんと言っても兼六園。広大な敷地の中に美しく広がる日本庭園はまさに絶景です。普段の疲れを忘れて思わず一句詠んでみたくなる、そんな気持ちにさせてくれる兼六園の周辺には温泉旅館などがたくさんあり、全国からの観光ツアーも組まれたりしているようですよ。

石川県を代表するお祭りの一つに「雪だるま祭り」があります。毎年雪が降る季節になると、住民がいろいろな大きさの雪だるまを作り、白山周辺は雪だるまで埋め尽くされます。その雪だるまたちには笠が掛けられたりあかりをもっていたりして、雪だるまめぐりをするだけでも幻想的な気分に浸ることができそうですね。

そんな石川県でぜひゲットしたいお土産は、やっぱり「甘エビせんべい」や「ごり佃煮」ではないでしょうか。その中でもごりはカルシウムが豊富な保存食として、石川県では昔から雪が降る季節の保存食として利用されていたそうです。

Copyright © 2016 石川県の引越し業者 . All rights reserved